本文へスキップ

         No.1の指導力を身近に (株)SCJ

プロフィールprofile

企業概要

■社名
   株式会社SCJ
■代表取締役
  
    角崎晃司



■本社所在地
   〒163-0000
   東京都目黒区碑文谷3-2-3-105
   TEL. 03-5615-2405
   mail. info@scj.co.jp

■資本金

   30万円

■設立

   2015年3月31日

■従業員数

   社員3名(2016年4月現在)
   コーチ15名(2016年4月現在


会社方針

子どもたちの本気に応える事

誰にでもできる指導方法をなるべく多くの人に伝える事

私たちにしかできない指導を志ある方に伝える事

そしていつか❛体育指導❜は誰でも簡単にでき、より専門的に学びたいとき身近にプロがいるような、そんな環境になるよう活動する

代表取締役 メッセージ



私は’飛び抜けて運動ができる子’・・・
ではありませんでした。でも一番になりたかった。

運動会のリレーの代表には6年間選ばれたことないし、いつも補欠。
クラス替えがあっても結局補欠。
住んでいる地区のリレーでも補欠。

中学に上がって部活に入って棒高跳びという珍しい競技をやっても同級生が関東レベルの記録を出し・・・
高校に入ってバドミントン部に入るとみんな素人でその中で練習に励み、結構うまくなったけど、1年後新入生の経験者に負けてしまう。そんな感じ。

でも不思議と悲観的になっていなかったのは良かったかな。

本当に心から代表を応援していたし、補欠だからと言って手を抜いていなかったし、部長になった人を全力で支えようと考えていた。
今私があの頃の自分を見たら
「モチベーション下がるだろうなぁ」とか思うんだけど、当人は全然。

誰かと競う事は好きだったと思う。冒頭にも書いたが「一番」になりたい気持ちは強かったので。でも運動にしろ勉強にしろゲームにしろ、色々競ったが一番になった記憶はあまりない。

そんな子ども時代を過ごし、久しぶりに同級生や古い友人に会うとたまにあの頃を思いだし、私を褒めてくれたりする。

「つーさん(私)って一番○○だったよね~」と。

自分では気づかない良い部分って結構あるのではないか。
そして言われたら嬉しいじゃないか。なんか変な褒め方をされても別に悪くはない。

順位って時に残酷だけど、やっぱり子どもにとっては一番わかりやすい。
後から言われてもこんなに嬉しいのだからきっとその瞬間に言われたらもっと嬉しいのではないかと思い、私は指導中に言うようにしています。

「君は一番○○だよ」

10人いたら10人分言えるように凄く細かい一番になっちゃって
「君はこの中で一番、前転をした後の腕の方向がお手本と近い!」
とかそんな事を3歳に言ったりしてるのでたまに「?」が飛んでますが
それでも沢山の一番を伝えていけたら最高。

あなたの一番を見つけに行きます。

株式会社SCJ 代表取締役 角崎晃司

(株)SCJ

〒1520003
東京都目黒区碑文谷3-2-3-105

TEL 070-5582-4214